スポーツをする上ではメンテナンスを上手くしていく必要があります。

運動前はもちろん運動後のメンテナンスも非常に重要です。

スポーツをしている時、急激な外力が加わって起きる。捻挫や骨折などは「スポーツ外傷」と呼ばれ、また、練習を繰り返したりすることで、局所の過度使用の為慢性に障害が起きるもの。例えば、野球肘などは「スポーツ障害」と呼ばれています。

スポーツ外傷

スポーツ外傷は、スポーツ中に大きな外力が一時に掛かって生じるものです。
生じる部位、程度などはスポーツの種類によって様々ですが、しっかりと準備運動やストレッチなどを行う事が予防する為に大切です。
外傷の応急処置は、それがどんな外傷であれ基本的には同じです。

外傷の応急処置
・固定する副木(無ければ新聞紙を丸めた物で良い)などで局所の安静を保つようにします。
・とにかく冷やす。受傷後なるべく早期に氷やコールドスプレーなどで局所を冷やすこと が大切です。
・高いところに挙げる局所をできるだけ心臓より高い所に挙げておくのが重要です。
これらは、いずれも痛み、腫れなどの症状の悪化や、二次的な損傷を防ぐ上で効果があるものです。

よく見られる外傷
・肩関節脱臼 ・突き指 ・膝靱帯損傷 ・肉離れ ・足関節捻挫 ・アキレス腱断裂など

スポーツ障害

練習を繰り返すことで、体の一部にストレスがかかり続け、ついには症状を発するものです。
練習は、やればやるほどいいと言うものではなく、過度の練習は障害を引き起こすことになりかねません。 適度な運動量でいつでも楽しんでスポーツとつきあっていきたいものです。

代表的なスポーツ障害
・野球肘 ・ジャンパーズ・ニー ・疲労骨折 など

ローズの花鍼灸整骨院では一生懸命スポーツを頑張る皆さんの早期回復やコンディションをより良いものにするサポートを致します。手技のほかに鍼灸治療(急性的な捻挫・打撲などには不向きです)もオススメです。

学生時代スポーツ経験があるスタッフも多いのでお悩みやお困りのことがありましたら、お気軽にご相談下さい!

詳しい情報はこちらをご確認ください。
https://takenotsuka.rose-no-hana.com/