今日は蓄積疲労について話したいと思います。

蓄積疲労は放置すると大変危険な疾患といえます。

身体に疲れ、ストレスが溜まっていたりするとある日突然身体を壊したり痛めたりします。

身体を痛めていなくても、その状態で運動や仕事をしてもいい結果が出せません。

それに身体は言うことを聞かず、パフォーマンスの低下に繋がります。

自分が気づいていないところで徐々に溜まっていくものなのであまり気づかないことのほうが多いです。

こう言うときはどうしたらいいのでしょうか?

 

それは、溜まった疲労を解消していく事です。

方法は様々ですが、一番ポピュラーなのはマッサージ・ストレッチ・鍼灸治療などです。

単純に、リラックスをして筋肉をほぐすあるいは刺激して老廃物を取っていってあげることにより

軽くなったり、動き易くなったりと良い事づくめです。

ですが、中には揉み返しなどが来る方もいるので気をつけてくださいね。

 

鍼治療だと、マッサージでは届かない範囲のところまで刺激が届きますので、より良い効果を出すことが出来ます。

鍼治療でも、普段刺激しないところを刺激するので、治療後に重だるさというものが出てしまうこともありますが、通常2~3日で元に戻ります。

ただ、重だるさがずっと続くようでしたら鍼灸師の方にご相談ください。