皆さんこんにちは

さて、本日は《肘内障》についてお伝えいたします。

肘内障とは2~4歳の幼稚園児に多く発生する障害になります。殆どのケースでは腕を急に引っ張った際に発生するため、肘が抜けた!…腕が抜けた!…等と勘違いされるかたもいます

原因としては、この2~4歳の間は腕にある橈骨と呼ばれる骨に付着する輪状靭帯がしっかりと形成されていないために、引っ張る事でやや抜けてしまいます。

治療としては完全に抜けていなければ、容易にはめることが出来るため非常に簡単に治療できます。ですが、殆どの方は再発させてしまうため、ネット等で整復法を見よう見まねで試すのはだめです。そのあと、どうすればなり易いかなど親御さんにも認知していただきたいことがあります。

また、似たような症例の障害や怪我が存在するのも事実です。そのため、来て頂いた方が助かる事もあります。

気になることがありましたら当院へご連絡を入れるか、そのまま来院してください。お待ちしております。

A03509001a

ホーム