「冷え性はなぜ起きるのか?」

冷え性と低体温は別です。

女性の半数以上が冷え性だと言われています。

冷え性は女性に多い症状です。

女性は男性に比べて熱を作り出す筋肉が少なく、皮膚の表面温度が低い、貧血、低血圧の方が多いことが理由とされています。

一般的に体温を測って、36℃以下の方を、「低体温」と呼びますが、冷え性は、何℃以下が冷え性などという考え方ではありません。

冷え性は、通常では寒さを感じない温度でも全身、手足、下半身など、身体の1部、又は全身が冷えて辛い症状と判断されます。

冷え性というと、冬を想像いたしますが、冷房の効いた現代では、夏の冷え性もよくみられます。

身体の冷えは、体温を調節するメカニズムと密接な関係があると言われています。

人間の生命活動を維持するうえで大切な働きをしている酵素の働きは、37℃で、最も高まります。

そこで、内臓のある身体の中心部の温度を常に37℃に保つために環境の変化に応じて体温を調節します。

冷え性は、体質も関係していますが、それだけではなく、生活習慣の中で、「冷え」にさらされていることも大きな原因の1つとされています。

例えば、エアコンの普及、衣服、食生活の変化、夜型の生活(夜行性)、ストレスの増大も大きな影響を及ぼしております。

「生活習慣病」と言う言葉がよく使われるようになってきましたが、食事、運動などの生活習慣を改善させて、疾病の予防や治療に役立つことがようやく認識されてきました。

〇冷え性の主な原因

★血行不良

血行が悪くなることに関係しているのが、「筋肉」だと言われています。

体内の筋肉量が少なかったり、筋肉の動きが小さかったりすると、巡りが悪くなり、「冷え性」や「末端冷え性」に繋がると考えられています。

ですので、男性よりも筋肉量の少ない女性に、冷え性が多いというわけです。

〇冷え性の改善方法

★マッサージ

ポイントとしては、ふくらはぎ、足の裏を押すことです。

★就寝時に靴下を履く

就寝時に靴下を履くことをお勧めしますが、「末端冷え性」の原因として体内の血行不良があげられるため、靴下を履く際は足の血管を締め付けてしまわない様に緩めの靴下を選んで履くことをお勧めします。

湯たんぽもお勧めです。

★足湯

お風呂場などで、洗面器やおけに40℃のお湯を入れて5分程度入り、冷水に1分程度入り・・・を3回程繰り返して下さい。

★栄養バランスを整える

ファーストフードやカップラーメンなど、ミネラルや栄養の少ないものばかり食べていると栄養が偏ります。

身体を中から温めることも大切です。

〇血行を良くする食べ物

・納豆

・豆腐

・サバ

・イワシ

・マグロ

・貝

・牡蠣

・豚肉

・鶏肉

・海藻

・蕎麦

・トマト

・ピーマン

・玉ねぎ

・なすび

・シイタケ

・さつま芋

・アボカド

★煙草・アルコールは控える

煙草の含まれている「ニコチン」、アルコールは血行を悪くさせるものです。更に身体には悪影響なので控えましょう。

★運動をする

運動が苦手な方は、特別ジムに通ったり、ウオーキングやジョギングなどをしなくても構いませんので、日常生活において、なるべく階段を使うなどしましょう。

おうちでスクワットなどをするのもお勧めです。

 

詳しい情報はこちらをご確認ください。